コンタクトレンズ

眼の病気は進行すると視力低下、失明という事も考えられます。

定期的な健診が早期発見・早期治療につながります。

医院概略

医院名水谷眼科診療所
院長水谷 聡
住 所〒450-0003
愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-30
名古屋三井ビル本館地下1階
TEL052-582-8001

緑内障検査・治療

<緑内障とは>

緑内障は、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその原因の一つと言われています。


■房水と眼圧

目の中には血液のかわりとなって栄養を運ぶ、房水とよばれる液体が流れています。房水は毛様体でつくられシュレム管から排出されます。目の形状は、この房水の圧力によって保たれていて、これを眼圧とよびます。眼圧は時間や季節によって多少変動しますが、ほぼ一定の値を保っています。


■視野障害の進行

初期:目の中心をやや外れたところに暗点(見えない点)がでてきます。自分自身で異常に気づくことはありません。


中期:暗点が拡大し、視野の欠損(見えない範囲)が広がり始めます。しかし、この段階でも片方の目によって補われるため、異常に気づかないことが多いようです。


末期:視野(見える範囲)はさらに狭くなり視力も悪くなって、日常生活にも支障をきたすようになります。さらに放置すると失明に至ります。

<緑内障の症状>

一般的に緑内障は、自覚症状がほとんどないので、知らない内に病気が進行していることが多くあります。視神経の障害はゆっくりとおこり、視野(見える範囲)も少しずつ狭くなっていくため、目に異常を感じることはありません。

急性の緑内障では急激に眼圧が上昇し目の痛みや頭痛、吐き気などの激しい症状をおこします。時間が経つほど治りにくくなるので、このような急性閉塞隅角緑内障の発作がおきた場合はすぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。


■早期発見・早期治療

自覚症状がないケースの多い緑内障では、早期発見・早期治療が最も重要です。一度障害された視神経をもとに戻す方法はないので、病気の進行をくい止めることが目標となります。

したがって、出来るだけ早期に緑内障を発見し、治療を開始することが大切です。


<緑内障の種類>

緑内障にはいくつかの種類があります。眼圧が高くなる原因によって主に、原発緑内障、先天緑内障、続発緑内障に分けられ、原発緑内障はさらに開放隅角緑内障、閉塞隅角緑内障に分けられます。

■原発開放隅角緑内障

房水の出口である線維柱帯が徐々に目詰まりし、眼圧が上昇します。 ゆっくりと病気が進行していく慢性の病気です。

■正常眼圧緑内障

眼圧が正常範囲(10~21mmHg)にも関わらず緑内障になる人がいます。これを正常眼圧緑内障と呼び、開放隅角緑内障に分類されます。近年行われた全国的な調査の結果から、緑内障の6割が正常眼圧緑内障であり、また欧米にくらべて日本人に多いらしいことがわかりました。

■原発閉塞隅角緑内障

隅角が狭くなり、ふさがって房水の流れが妨げられ(線維柱帯がふさがれて)、眼圧が上昇します。慢性型と急性型があります。

■先天性緑内障

生まれつき隅角が未発達であることからおこる緑内障です。

■続発緑内障

外傷、角膜の病気、網膜剥離、目の炎症など、他の目の疾患による眼圧上昇や、ステロイドホルモン剤などの薬剤による眼圧上昇によっておこる緑内障です。

<緑内障の検査>

OCT

緑内障は、眼圧検査、眼底検査、視野検査、OCT検査などで診断します。定期検診などで異常があった場合には、必ずもう一度診察を受けるようにしましょう。

■眼圧検査

直接目の表面に測定器具をあてて測定する方法と、目の表面に空気をあてて測定する方法があります。緑内障発見のための重要な検査です。

■眼底検査

視神経の状態をみるために、視神経乳頭部を観察します。視神経が障害されている場合、陥凹(へこみ)の形が正常に比べて変形し大きくなります。緑内障発見のためには必須の検査です。

■視野検査

視野の欠損(見えない範囲)の存在の有無や大きさから緑内障の進行の具合を判定します。

■OCT検査

OCT(Optical Coherence Tomography: 光干渉断層計)検査は、網膜(カメラで例えるとフィルムにあたる部分)の断層画像を撮影する機械です。視神経と網膜神経線維層の断層画像を撮影することが可能なため、視野が欠ける症状が現われる前に緑内障による網膜視神経線維層の欠損を捉えることができます。


<緑内障の治療>

緑内障の治療は病気の進行をくい止めるため、眼圧を低くコントロールすることが最も有効とされています。治療法としては薬物療法、レーザー治療や手術が一般的です。

レーザー治療や手術を受け、眼圧が下降しても、その効果が維持されるとは限らず、再度手術を行う場合もあります。

■薬物療法

眼圧を下げるために使用する薬は、主に房水の産生量を減らしたり、房水の流れをよくする薬です。

まず点眼薬からはじめ、最初は1種類の薬で様子をみながら、途中で変更したりします。また、2~3種を併用することもあります。点眼薬だけでは効果が不十分な場合、内服薬を併用することもあります。

急性緑内障の場合や薬物療法で眼圧コントロールが不十分な場合、レーザー治療や手術を行います。

■レーザー治療

レーザーを虹彩にあてて穴を開けたり、線維柱帯にあてて房水の流出を促進します。比較的安全で痛みもなく、入院の必要もありません。

■手術

房水の流れを妨げている部分を切開し流路をつくって房水を流れやすくする方法や、毛様体での房水の産生を押さえる方法などがあります。

<大切な目を守るために>

我が国では2000年~2002年に行われた詳細な緑内障疫学調査(多治見スタディ)では、40歳以上の日本人における緑内障の有病率は推定5.0%とされています。

緑内障は、日本を含め諸外国においても、失明原因の上位に位置します。悪化する前にできるだけ早期に発見し、治療を開始することが大切です。自分自身で目を守るという自覚を持ち、年一回は、定期検診を受けましょう。